仮想通貨

【仮想通貨の将来性についても解説】大暴落で学んだこと

強烈ファンダが多すぎてバブル相場は大暴落しました

  • テスラでのビットコイン支払い停止
  • ETH創設者による犬コイン売却
  • 中国の仮想通貨規制

主にこの3つのニュースにより相場は大暴落しました。

ビットコイン、アルトコイン共に40−50%ほど暴落しました。

このレベルでの暴落を経験しましたが、仮想通貨を手放していません。

暴落してもなぜ仮想通貨を保有しているのか、その将来性をどう考えているのかを解説していきまます。

後半では、なかなか経験することができない大暴落で何を学んだのか紹介します。

仮想通貨市場はこれからも伸びる

ポジショントークではありますが、今回の大暴落でも仮想通貨市場は衰退することは低いと考えています。

  • 仮想通貨での支払いが進んでいる
  • 機関投資家による購入が進んでいる
  • ステーブルコインの浸透・開発
  • 省電力・効率性の高いコインの開発
  • pancakeswap、uniswapなどのDefiが浸透している

この他にもあるかもしれませんが、今の段階で私が考えているのはこの5つの理由です。

BTCはPoW(プルーフオブワーク)を採用しているコインなので、マイニングに莫大な電力がかかりるためにテスラでの支払いが停止されました。

イーロンマスクのツイートを見ていても、ビットコインでの支払いは止めるものの$DOGEによる決済を進めようとしているのが伺えます。開発にも関わっていくことを表明しています。

またイーサリアムについてもPoWを採用しているものの、7月のアップデートによりPoSにすることを表明しており省電力化を進めています。

本当に可能か定かではありませんが、現在の99%の省電力化も可能かもしれないとのことです。

このように現在問題になっている電力の問題も解消する手立てはあります。

今回の暴落後にイーロンマスクがツイートした内容では、暴落後でもコインを保有し続けていることを示唆しています。

もしかすると全ては市場操作で、今の時期に仕込んでいるのかもしれませんが。笑

最近もDOGEについてツイートすることもありますが、今までと同じような上昇率を示していません。

これはイーロンマスクが市場操作をしているだろうとする反発が起きていると考えています。もうさすがに振り回されなくなってきました。

ですが今回の暴落の引き金にもなったイーロンの状況についてはしっかりと見ていく必要があると思います。

このように1人の意見で市場が変わってしまうくらい未成熟な仮想通貨なので本来投資対象にはなりません。しかし逆をいえばそれだけ伸び代があるのかなと考えています。

ステーキングやDefiで運用する人が増える、決済として使用されるようになるなど、保有者が多くなれば多くなる程価格は安定します。

まだまだ始まりの段階であると考えているため、仮想通貨を保有し続けています。

何しろ最新の技術に沢山触れることができて、とにかく楽しいのが1番ですが、、笑

こんなに奥が深くて面白い技術はなかなか無いと思いました。

本当に今は買い場だと思うので、新しく初めてみたいという方は相談ください。

それでは今回の大暴落で学んだことを紹介していきます。

大暴落で学んだこと

買い場は必ずくる

価格が上昇しているときに考えがちになってしまいます。

とにかく「この値段で買えるのは今しかない」と信じ込んでしまいます。

そのため流れに乗って高値で購入してしまい、完全なジャンピングキャッチになります。

今回のバブル相場を見ていると、このままずーっと上昇していくような気持ちになりました。

確かに1月頃から5月まで右肩上がりで上昇は続けたので、参入するタイミングが難しかったです。

しかし上がりすぎた相場は必ず調整されます。

冷静になり、タイミングを見て参入する気持ちが必要だと思いました。

戻すタイミングは必ずくる。そこで仕込もう。

日本円は残しておく

暴落後はバーゲンセール状態が続きます。

一時700万円だったBTCは400万円になりました。

半額で購入できます。

そのときには既に投資資金を残しておらず、悔しい思いをします。

余剰資金といえど常にフルパワーで投資するわけではなく、

余剰資金でも買い場に備えてある程度残しておくのがいいと思いました。

特に取引所を使用していると夜間では振り込みができません。

買い場に備えて資金を残しておく

強欲にならない

資金を増やすことに執着していると必ず損をします。

初めからガチホするつもりで保有しているならいいと思いますが。。

上がっているときには、まだまだ上がり続けると考えてしまうため利確のタイミングを逃してしまいます。

そして価格が落ちたときに資産が目減りしてしまうことに不安を感じて損切り。

結局ある程度のところで利確しなければ資産が減る結末になります。

冷静になり、高いときに売って、低いときに買う。

これを繰り返せば原理的に資産が増えていくはずです。

そのためには本当に「冷静に」「強欲にならない」精神が必要だと思いました。

資産を増やすことより減らさないことを考える