仮想通貨

【仮想通貨】投資初心者は、なぜ損をするのか

投資難しい。。

短期トレードを1ヶ月ほどやって損をするパターンが読めてきました。

経験則で書きます。

焦って買う

仮想通貨の市場は1日で20%上昇はざらにあります。

1500%、10000%のコインも出てきたりもします。

そうすると人間の心理でとっっっっても欲しくなるんです。

不思議ですよね。

今までは全く要らなかった投資対象なのに、急騰しだすと欲しくなる。

みんなが買っているから、儲けるかもしれないから、

色々な理由があるかもしれませんが何故か興味を持って欲しくなってしまいます。

欲しいとすぐに手に入れたくなるので焦って購入をします。

しかし購入したときには既に価格が上がりきっていて、買ったと同時に価格が急落してしまいます。

投資で損する人の大体のパターンだな

投資対象は時間が経てばすぐに新しいものが出てきます。

仮想通貨市場であれば何十倍にもなるコインが沢山あります。

今を逃してもまた新しい投資対象に出会えます。

今回は諦めて見送り、次回の波に乗れるように準備してみましょう。

焦って買ったら損をする。

リスク許容度を超えている

仮想通貨などボラが激しく法整備もしっかりされていないものは、ポートフォリオの5%くらいに抑えておくべきでしょう。

しかしバブル相場のような、これからどんどん上がると考えてしまう状況では、リスク許容度を超えた投資をしがちです。

資産の半分が仮想通貨

このような場合はかなり危険な状況です。

現在は上がる見込みがあるから大丈夫ですが、その資産が半分、4分の1になると想像したときに耐えられないのであればやめておきましょう。

前回のビットコインバブルでは200万まで価格上昇したのち、30万程に落ち込んでいます。

このように資産が目減りしたとしても大丈夫な価格で投資をしましょう。

人生一発かけて投機しよう!!

この場合には草コインに資産の100%行ってみるのもありですが

詐欺コインも多いですし、上がらない可能性がものすごく高いです。

頭を冷やして自分のリスク許容度に合わせた投資をするのが良いと思います。

無くなってもいいお金で投資する。

投資対象を深く知らない

よくわからないけど、これが上がるらしいから投資しよう!

価格が落ちたから、これ以上お金減らしたくない。。売っちゃおう、、

投資対象をしっかり勉強していないとどうなるかというと、価格が下がるとすぐに売ってしまいます。

よく知らないまま投資をして暴落すると納得いきませんが、

よく知っていれば価格が落ちてもなんか納得できますし、ホールドできます。

仮想通貨もそうですが、不動産投資なら尚更です。

よく知っていないのが相手に分かると、カモにされます。

何事もしっかり勉強してから挑むのがいいです。

投資対象をよく知ってから買う

高値掴み狼狽売りをする

負ける王道パターンです。

【高値掴み、狼狽売り】

価格が上昇しているときに欲しくなって買う
→高値を購入している→高値掴み

市場が暴落するとこれよりずっと下がってしまうと思いすぐに売る
→狼狽売り

仮想通貨を始めたとき、いつか上がるなら下がるときに売らなきゃいいじゃん。と思っていました。

ですが実際にやってみると狼狽売りしてしまいます。笑

上昇している時はもう既に乗り遅れていると思って次回に乗れるように準備する。

価格が落ちてもいつか上がると思ってホールドしておく。

高値掴み、狼狽売りをしない