仮想通貨

仮想通貨の取引所徹底レビュー【楽天ウォレット編】

前回はCoincheckだったね!

楽天ウォレットってりゅうじのブログでも何回か出てきてたけど実際そこまで有名そうじゃないし、何で使ってるの?!

有名じゃないとは失礼だよ!赤鬼ちゃん!(本当にちょっとマイナー笑)

今回も使っている理由、メリット、デメリットについて紹介していくよ!

前回の記事はこちらから

基本的特徴

https://www.rakuten-wallet.co.jp から引用

楽天ウォレットは正直言ってそこまで有名な仮想通貨の取引所ではありません。

コインチェックやbitflyer、DMMコインとかの方が有名で使用している方も多いのではないでしょうか。

基本的な特徴は以下の通り

  • 楽天ポイントで仮想通貨を買える
  • Googleによる二段階認証
  • レバレッジ取引が可能

楽天ポイントで仮想通貨買えるのはなんか分かるけど、

二段階認証と、レバレッジが分からないよ!!

それじゃGoogle二段階認証とレバレッジについて説明するね

Google二段階認証

仮想通貨の取引をするアプリやサイトではほぼ間違いなくGoogle authenicatorというアプリを使用します。

基本的にサイトに入るためのIDとパスワードの入力だけではなく、Googleが一時的に作ったパスワードも入力しないと取引ができないようになっています。暗号資産を守るためには二段階でセキュリティ強化しましょうということです。

これは正直どの取引所でも使用しますし、海外の取引所でも使用するようなものなので楽天ウォレットだけが安心!!ってわけではないです。普通にどこでもそうです。

なんか普通のことをカッコよく言ってみたんだね!

あとは、楽天ウォレットがもし破綻した場合でも、ちゃんと資産は返ってくるような仕組みになっているので安心だそうです。

他はそうゆうことやってないの?と思いました

ということで調べてみました。

これまでは顧客資産の分別管理は仮想通貨業者に義務付けされてきていませんでしたが、改正資金決済法によって義務化されています。

https://coincheck.com/ja/article/372

Coincheckのサイトにこんなことが書いてありました。これは要するにセキュリティとかに問題とか、破綻とかしてもお金返ってくる仕組みが法律化されてますよってことです。

多分有名どころの会社ならこの辺はしっかりしていると思うので同じだと思います。

他にどんなセキュリティ対策しているのか分かりませんが、とりあえず安心して使用できるような会社ですよって示してくれています。

レバレッジ取引

レバレッジ取引って証拠金取引とも言われていて、

元本が30万あるけど、60万まで投資可能になるシステムだよ

レバレッジは人生をかけた勝負するなら良さそう。

以上が基本情報補足です。

取引画面

取引画面はこんな感じです。

すっきりしてみやすい感じはありますね。

取引も結構簡単に操作できました。

楽天ポイントを使用可能

最大のメリットは楽天ポイントを使用できることです。

先日、記事にも書きましたが楽天ポイントってそもそも楽天の経済圏でしか使えないことになっています。

楽天ポイント→楽天市場、楽天トラベル、、街でも普通に使えるところありますがコンビニとかだしそんなのに使っているなら投資に回してみようかなと思いました。

ポイントで始められるから仮想通貨の入りとしてはめちゃくちゃいい気がします。沢山貯めている方がいましたら、今のうちに入れておくのがいいかも知れません!

※投資は自己責任で!!

飲み会ばかりしてたのでポイントが結構たまってます〜

青ねこちゃんご飯行こう〜!!

いやです〜

・・・・・

少額の100円(ポイント)から始められるのも大きなメリットかも知れません。

何事も最初の一歩って大事ですから、ローリスクで始められるのは良いと思います。

口座開設まで即日

Coincheckは今CMとかやっているので使用する人がめちゃくちゃいます。
なので口座開設までほんと1週間くらいかかるのですが、楽天ウォレットはめちゃくちゃ早い。1日で口座開設完了しました。

夕方16時頃に口座開設申請したら、確か次の日にはできていましたね。本当に早いし良いですね。

仮想通貨に関するニュースを見れる

これは少し嬉しいポイントです。

仮想通貨に関するニュースのタブがあってそこから最新の情報を入手できるので、少し便利。

自分で検索すれば良いけど、確認するついでに少し見ておくか。。ってなるから良い

正直そこまでのメリットではないかも。

デメリット

取り扱っている仮想通貨が少ない

取り扱っている通貨が少なめ。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ

3つですね。

とりあえずビットコイン買っておけば良いとは思いますが、なんか物足りない感じしますよね。

チャートが見づらい

確認できるチャートが1年、1ヶ月、1週間、1日、1時間でみることができます。

15分とかも見れれば良いのに。。と思いますが、楽天ウォレットは販売所ではないのでそこまで短期的なチャートは必要ないのかも知れません。

紹介します。1から順番に載せていきます。

結構見やすいじゃないの

1時間

ちょっとわからないね。

ちなみに海外で一番使われているBainanceという取引所のアプリと1時間のチャートを比べてみるとこんな感じ

めちゃくちゃ見やすいですよね。

楽天ウォレットは短期売買するのが目的だと難しいかも。

スプレッドがある(仕方がない)

楽天ウォレットはあくまでも販売所なのでスプレッド がかかります。

販売所と板取引の違いを見たい方はこちら(coincheck編に解説あり)

しかも5.6%くらい。(私の調査)

Coincheckのスプレッドは3%くらい。

ここから海外のウォレットに送金したらマイナス5000円くらいかかります。(ビットコインの特性)

海外の仮想通貨を1万円くらいで運用してみたいなーと思ったらそれなりに多めに用意しておかないとダメなのですね。

まとめ

楽天ウォレットのまとめ

  • メリット:ポイント使えて口座開設が早い。
  • デメリット:通貨が少なめ、スプレッドも若干割高。

楽天ウォレットがオススメな人

  • 楽天ポイント沢山持っている人
  • せっかちな人
  • ローリスクで少額から仮想通貨を試してみたい人
  • ビットコインを長期保有したい人

以上です。