仮想通貨

仮想通貨の取引所徹底レビュー【Coincheck編】

今回は仮想通貨を始めたいけど、どこで購入したらいいのか分からない。

CMでも流れていたCoincheckにしてみようかな!と思った方にぜひご覧いただきたい内容を書いてみました。

アプリは見やすいし、ユーザーも多そうですが、それなりに使いにくいところもあるのでまとめています。過去の記事も参考にしてください。

Coincheckの基本的な特徴

取扱い可能な仮想通貨が多い

Coincheckの特徴は以下の通りになります。

https://corporate.coincheck.com/2021/01/13/126.html から引用

そもそも仮想通貨は現在、暗号資産と呼び方が変わっています。

赤鬼ちゃん、仮想通貨ってだいたい何種類くらいあるか知ってる?

2個くらい!?ビットコインの他にも何かあるのかなぁ!

今は仮想通貨の種類は海外にあるものも含めると5000種類くらいあると言われているんだよ!めちゃくちゃ多い!ビットコインはそのうちの一つで、仮想通貨の中でも一番有名なやつだよ。

そんなにあったらどれを買えばいいか全然分からないよぉ

海外のやつは本当に沢山あるから、とりあえずビットコイン持っておけばいいと思う。

日本の取引所だと交換できる仮想通貨の種類が限られているんだよ。

その中でもCoincheckは日本で一番仮想通貨の取引できる種類が多いんだ

取引可能銘柄はこちら。

沢山あるけど、ビットコイン買ってればいい気がします。ビットコインは今500万円くらいなんですが、IOSTは今5円くらいで小額から沢山買えます。

IOST自体はそこまで良い性能を持った仮想通貨ではないそうですが、仮想通貨初心者が買いやすい銘柄として買いが増えて最近価格が上がっています。

あまり期待されていなかった仮想通貨ですが、初心者が初心者を呼んで買われた結果、価格上昇を遂げているので、ちょっとお遊びで買ってみるのもいいかも知れませんね。

ちなみにIOSTを取引できるのはコインチェックくらい?だと思います。そんなに調べていません。

メリット

販売所と取引所がある

販売所と取引所は何がちがうの?

販売所:Coincheckが持っている仮想通貨を誰かに販売する

取引所:誰かが仮想通貨を売る代わりに、誰かがその仮想通貨を買う(取引)

Coincheckが主導なのが販売所としての性質で、Coincheckという場でユーザー同士で仮想通貨のやり取りをするのが取引所の性質ということです。

ちょっと分かりにくかったかも知れません。すみません。

重要なことですが、仮想通貨をやる上ではスプレッド(手数料)をめちゃくちゃ気を付けたほうがいいのです。

Coincheckのアプリから仮想通貨を購入するとスプレッドが3%くらいかかります。

ネットで交換すると費用は安く済みます。(お勧め)

最初から教えてくれシリーズ第一位です。

そうならないためにもアプリは仮想通貨の価格チェックに使用するのがいいかなと思います。

あとはサイトから入って取引所から日本円ー仮想通貨に交換しましょう。

この画面から取引するのがお勧めです。

参考YouTubeも載せておきます。これをみて取引しました。

最大のメリット:板取引できる

直感的で見やすい

画面がとりあえず見やすい。アプリを開くとこんな感じ

上のチャートを押してみるとその時の仮想通貨の値段が分かるようになっていて非常に見やすいです。

とりあえずの値段を確認するのなら特に便利な気がしました。画面を開いてすぐ確認できるのがグッド。

デメリット

口座開設までの時間が長い

今はCMも始めたので利用者数が多いのか、口座開設まで1週間ほどかかります。

もうとりあえずさっさと買ってみたい方であれば楽天ウォレットがおすすめですね。楽天ポイントで仮想通貨買えるし。方法はこちら。

初心者には難しいかも

先日、ETC(イーサリアムクラシック)を海外のウォレットに10万円分を送金した時に、めっちゃ時間かかりました。

3日くらいかかって本当に不安になりました。2日目あたりで10万円完全ロストを覚悟して仮想通貨引退を考えました笑

Coincheckって送金のための手数料が一律なので、イーサリアムみたいな手数料が高ければ早く送金できる仮想通貨だと、金額が高い場合めちゃくちゃ時間かかってしまうみたいですね。知りませんでした。

イーサリアムは5000円分だと数分で送金できますが10万円になると3日かかりますって。

知らない人が損をする世界なのだなと感じました。

問い合わせのメールをしてみたら返信に1週間以上有するとのこと。

解決できる人はいいかもしれません。

中級者向け。

ユーザーが増えると売りができなくなる

特定の銘柄を掲示板などで一気に買おうぜー!と働きかけて、価格を一気に上昇させて、上昇後売るというパンプという行為があります。

そもそもこんなことやっていいの?って感じですよね。株でこんなことやったら市場価格操作になりますよね、、

先日、XRP(リップル)の銘柄を22時にみんなで購入しよう!と働きかけがあって一時的に価格が急上昇しました。

その時、Coincheckではユーザーが一時的に増えてしまい、売りが出来ない状態に。上昇時点で売ることができなければ損しかありませんよね。。

なんかNEMの流出事件や、なんか不親切なところや、売りができないところなどを踏まえると、、あまりいいアプリではない気がしています。

板取引できる銘柄が少ない

上の項目で取引すれば手数料がほとんどかからないと書きましたが、そもそも取引できる銘柄が少ないのが困りました。少なくて有名なのがあればいいのに、少ないし、ちょっとマイナーなやつ。

  • BTC
  • ETC
  • FCT
  • MONA

この4種類です。

BTCは送金手数料が5000円くらいかかるし、FCTとMONAを取り扱っている取引所も少なく、、

なくなくETCにしましたが、送金には結局10万円が3日後に送られてくる始末。。

それならBTCに変えてそのまま送金すれば良かったよな〜と思いました。

まとめ

仮想通貨を購入できるアプリは他にも沢山あるので用途別に使い分けるのがいいのかも知れません。

上記のことをまとめると、CoincheckはBTCを長期保有するのに適しているかなと思いました。

  • メリット:見やすい、IOST買える、板取引ができる
  • デメリット:口座開設までの時間長い、不親切

以上です。

また新しい情報があれば更新していこうと思います。間違いがあれば教えてください。