株式投資

確定拠出年金(iDeCo)のデメリット【これが嫌なら積立nisa】

年金とか知ってるよと言う方は確定拠出年金のデメリットからご覧ください。

そもそも年金って?

青鬼ちゃん、国民年金と国民年金基金の違いは分かるかな?

同じものだと思っていたよ・・

りゅうじの質問に答えられなければ、文章を読んで以下3点を理解するのを目標にしましょう!

  • 年金が何か分かる
  • 年金の分類が分かる
  • 確定拠出年金の分類が分かる

○○年金という言葉すごくいっぱいありますよね。訳わからなくなります。

厚生年金保険や国民年金保険は年金という名前がついてるけど保険って言葉が入っています。

長生きするリスクに備える保険が年金というシステムになります。長生きすることによってヨボヨボで働けないのにお金はかかる状況になったら大変。それに備えていきましょうというわけです。

年金=長生きするリスクに備える保険

年金には大きく公的年金と私的年金に分けられます
代表的なものを挙げると以下の通りになります。

  • 公的年金:国民年金保険、厚生年金保険
  • 私的年金:確定拠出年金、国民年金基金

国民年金保険

大学2年生になったときに国民年金の支払いが来て猶予措置も取った方もいるのではないでしょうか。

20歳になって払い始めた年金があればきっとそれは国民年金です。(大学とか短大の人なら)

20歳以上から60歳まで加入が義務付けられている年金制度となります。

大学生のうちは国民年金を支払っており、会社員として働き出したら厚生年金を支払うことになります。

厚生年金保険

普通の会社員や公務員で生活している人が支払うのは厚生年金です。

毎月給料の約18%支払っています。月25万円貰っている人であれば45000円ですね。

そんなに払ってましたっけ〜?

給与明細を見てみると23000円くらいの自己負担になっていると思います。実は厚生年金と言うのは会社と個人が半分ずつ折半しているのです。

というより、青ねこちゃんはそんなに給料貰っていたんだね。。給料泥棒だ。。

給料泥棒になった青ねこちゃん。

そしたら僕は厚生年金しか払っていませんし、国民年金を払っていないので、義務を果たしていないのですか〜?

厚生年金に加入した人は、国民年金にも加入していることになるので大丈夫です。

私的年金

確定拠出年金や国民年金基金は、公的年金のプラスオプションと考えていただければいいと思います。

確定拠出年金は企業型と個人型があります。

  • 企業型:DC(会社から天引き→所得控除される)
  • 個人型:iDeCo(自分のお金を払う)

この前お勧めした確定拠出年金ですが、デメリットもあるので覚えておきましょう。

確定拠出年金のデメリット

本題のデメリットについて書きます。

メリットについては以下の記事を参照

デメリットは大きく3つだと思います。

  • 60歳まで引き出すことができない
  • 元本回収できないリスク
  • 毎月5000円以上の積み立てが必要

60歳まで引き出すことができない

特別な条件を満たす場合(資産がめちゃくちゃ減ったとか)にならない限り、基本的に引き出しはできないのが本当にデメリットですよね。

結婚や子育てのライフイベント、旅行などの娯楽でまとまった金額が必要なときに気軽におろすことができないのは堅苦しいですよね。

しかしお金って持っているといつの間にか使ってしまうし、そもそも貰えるお金に見合った生活をしますよね。確定拠出年金は所得控除として手元にお金が来る前に引かれているので、あまり気にならなそう笑

持っていればそれだけ外食してしまいますし、本当にお金がないのならば毎日パスタ生活だと思います。

勝手に節約できるシステムに加入したと思えばなんか気持ちが楽かなーと思っています。

元本回収できないリスク

確定拠出年金はただの積立貯金とは違っていて、資産運用になるので世界が破滅的なダメージ受けたりしたら積立投資していた分のお金を回収できない可能性もあります。

ただ、リーマンショックやコロナショックを乗り越えて上昇を続けているので、、果たしてこれよりダメージくることって何があるのでしょうか。。戦争とかになってアメリカが無くなったりしたら考えられそうですね。

とりあえず資産運用である限り、リスクはあるということです。

もちろん商品を選ぶ面倒臭さや、勉強しないといけないのも面倒ですよね。

今度私が持っている商品を公開します。

毎月5000円以上の積み立てが必要

確定拠出年金は5000円以上から価格設定があるので、毎月5000円以上を資産形成に回せない人には厳しいかも知れません。

毎日お酒ばかり飲んでいるのでお金がありませんでした〜

まずは生活習慣を整えるところからだね

早く今週終わってお酒飲みたい〜

ではまた。