株式投資

つみたてNISAと+1万6667円追加投資した銘柄

つみたてNISA+1万6000円=クレジットカード支払い満額

楽天証券でつみたてNISAをやっている方は+1万6667円を投資に回していますでしょうか?

楽天証券を使用した場合、月5万円まではクレジットカード支払いが可能です。

つつみたてNISAで投資をしている人は3万3333円投資しているため、1万6667円追加でクレジットカード支払いで投資できます。

5万円クレジットカードで支払いできると毎月500ポイント貯まるようになります。

楽天経済圏で生きている人に取ってはメリットが大きいですよね。

つみたてNISA

つみたてNISAではeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)を毎月3万3333円投資しています。

全世界株(除く日本)にした理由は、

  • 1番安全に運用したいつみたてNISAで一国に偏る投資信託は避けようと思った。
  • 日本円で貯金しているため、日本の経済は組み込まなくていいと考えた。

この2点がポイントです。

+1万6667円つみたて銘柄

+1万6667円でつみたて投資する銘柄はこちら

eMAXIS Slim米国株式(sp500)

こちらを追加投資していこうと思います。

今回参考にしたyoutubeの動画はリベ大の全世界株vs米国株です。

全世界株と米国株、どっちもいい面があるんですよね。

米国株がいい理由

  • 米国株には低成長の国を含む
  • 新興国の成長も米国市場は取り込める
  • 世界分散はリスク低減にならない
  • 唯一無二の長い歴史
  • 全世界株に投資すると、余計なリスク・コストを含む

つみたてNISAは一国に偏らないように投資をしたいため全世界にしましたが、残りの投資分は少し攻めてもいいかなと思いました。

そのため、1万6千円は米国sp500にしたというわけです。

全世界株がいい理由

  • 米国にも暗黒な時代があった。
  • 米国1強が永続するとは限らない。
  • インデックス生みの親も「全世界派」

米国がずーっと勝ち続けるとは限りません。また世界は人口が増加していくことで経済が発展します。つまり人口が増加していく国に投資をすればインデックスで勝てるわけです。

アフリカでは人口が莫大に増加しており中国の次はアフリカと言われているみたいですね。

アメリカ最強ですが、全世界にも目を向ける必要がありそうです。

2つの辞めたこと

辞めた2つのこと
  • ソフトバンクエアー(wifi)
  • ウォーターサーバー

生活水準を下げるのって大変ですよね。

私、転勤族なので引っ越しごとに面倒くさい契約がいらないソフトバンクエアーと、昔からの憧れで契約したウォーターサーバーを1年くらい使っていました。

ウォーターサーバーは、あると本当に便利で、すごい使用頻度でした。

1回試してみる分にはすごくよかったです。

この2つをやめることで月に6000円くらいは抑えられました。

それといつも通っているスポーツジム(1万円)を今月いっぱいで解約しようと思うので、合計1万6000円を確保しました。