株式投資

ボーナス20万円分で購入した投資信託【購入タイミング考察】

やっとボーナス使った。

ボーナス入ったものの、結局何も購入していませんでした、

重い腰を上げてやっと購入しましたよ。。

銘柄・今購入したタイミング・なかなか購入できなかった理由を説明していきます。

購入した銘柄

iFreeNEXT FANG+ インデックス

以前私のブログでも紹介した投資信託です。

こちらの記事を参考にしてください。

FANGとは下記に示す企業の頭文字です。

  • Facebook
  • Amazon
  • Netflix
  • Google
    (Alphabet)

投資信託の名前にFANGと入っていますが、他の企業も組み込まれています。

上位10社はこちら

  • Facebook
  • Amazon
  • Apple
  • Netflix
  • Google
  • Alibaba
  • Baidu
  • NVIDIA
  • Tesla
  • Twitter

購入した理由

  • 今をときめく成長企業に投資できる
  • コロナ明けから圧倒的な強さ

今をときめく成長企業に満遍なく投資ができるのが本当にいいですよね。

コロナ明けから圧倒的な強さを発揮しています。

前は高配当に使うって言ってなかった?

高配当株何がいいか分からなかった。。

高配当ETFもいいですが、、配当金を再投資するのめんどくさいし、とりあえずインデックス買っちゃおう。。という判断です。

話は戻ってFANGについて

正直上がりすぎている感じが否めませんが、乗り遅れるのが怖くなりました。。笑

インデックス投資は長期的に見ると成長する前提で投資を行います。

そう考えると

積み立て投資するよりも、今全力で入れた方が良いのでは、、?

と思いました。

この後落ちる可能性がありますが、ある程度購入しておきました。

購入しなかった理由

テーパリングが控えているから

今はコロナの状況でアメリカは量的金融緩和をしています。

つまりドルを擦りまくって、インフレを加速させて、経済を回そうとしています。

この金融緩和を抑えていくことをテーパリングと言います。

普通とは違う状況ですね。

今買ってもいいのか?

ブルームバーグの記事でテーパリングについての記事がありました。

一部引用します。

Q:テーパリングのプロセス開始はいつからか。

経済見通しに著しい変化がないと想定すれば、恐らく6カ月程度先だろう。

金融当局者は、最大限の持続的雇用と2%のインフレ目標の達成に向けて「一段と顕著な進展」があった場合にのみ、テーパリングのプロセスを開始すると繰り返し表明しており、景気回復の勢いが強いとしても、それには幾分時間がかかるだろう。

最近ではsp500が毎日最高値を更新しています。

6ヶ月後となると、そこまである程度上昇は見込めるのでテーパリングが始まっても購入時の金額までは下がらないのでは、、と考えています。

また、インデックス投資では購入でタイミングを見計らうべきではないと思います。

いつの間にか価格が上昇して乗り遅れる可能性もありますし、

タイミングを見計らうとギャンブル的要素も入ってきます。

難しい局面なのである程度の現金の割合を多くしていますが、今の段階で少し購入してもいいのではないかなと考えています。

結局のところ、将来は誰にも分からないので、

よく分からないうちは脳死で積み立て投資

これが1番なのかなと思いました。

テーパリングの情報は常に監視しながら資金入れていこうと思います。

では